フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

2013年旅行記【松本編】

今年の旅行記、今年のうちに。

---------------------

ちなみにまだ大掃除はやっていません!(自信ありげに)

まずはおわびから。
5周年企画とか言っておきながら、3回しか記事出せなくてごめんなさい。
言い訳をするようですが、多忙だったのです。

・学内シンポジウムにてポスター発表
・研究室内での雑誌会発表
・学会発表

これを2週間ですべてこなすとかいう、とんでもないスケジュールでした。
研究室の皆さんから、こんな無茶なスケジュールは見たことないとか言われました。

今は就活中ですが、おかげでそれなりにやっております。
私はこれまで制服を着たことが無いので、今になってようやくネクタイが一人で結べるようになりました。

スーツいやだ…首が疲れる…

---------------------

さて、今回は11月に出すと宣言していた、旅行記です。

10月に就職が決まり、関西某所に引っ越した友人から連絡が入りまして、休日限定の周遊きっぷ”青空フリーパス”で日帰り旅行をすることになりました。

さてここで気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、この切符では松本駅に行くことが出来ません。余分に払いました。

実は、どこに行くか全く決めずに名古屋駅から中央線に乗り込んでしまい、松本行きは中津川を越えてから突然決まったのです。

ただ、ここで余分に払ってもかなりお得であるのは事実です。
名駅から長野県方面に出るだけで2000円は軽く突破するのですが(参考値:名古屋→奈良井=2520円)、この切符は1枚2500円です。
片道だけで元が取れるというとてつもない仕様になっております。

ただ、中津川からの鈍行がえっらい遅い(名古屋→松本まで3時間くらいかかる)ので、松本の滞在時間は2時間弱となってしまいました。あちゃー。

とりあえず城だけ見てきたんで、どうぞ。

---------------------

あー、そうそう、言い忘れたんですが、この日は”お城祭り”というイベントをやっていたせいでとてつもなく混んでおりました。なので天守閣内部には入れませんでした(撮影、そもそも禁止だった気がする)。

とにかく、庭の中からは撮影OKでしたので、その部分をお送りします。

Dsc02010_2

ああ、こりゃかっこいいわ。

特になんも詳しくないけど、黒いのいいですね。
あとそのまま現存しているところも(私の地元の城は戦時に一回焼け落ちています)。

あとちなみに、お城まつりの様子はこんな感じでした。

Dsc02014

全国各地からそば屋が集合しておりました。ってか本当に蕎麦しかないのよ!

Qwertity氏が聞いたら思わず行きたいと言い出しそうなイベントだなぁとか思いながら、私たちは奈良井へと向かうのでした。

春休み旅行記2012・浜松編その3

浜松城に来ました。

Hmmt10

Hmmt11

別アングルから。

Hmmt12

展望台から。中央にかすかに…あれが見えますよね?ほら。

正解:富士山(←反転で表示)

Hmmt13

家康像もありました。像の足元には遠足しているみなさんがいらっしゃいました。

このあと、浜松餃子を食べて、家路につきました。

ちなみに、1日目の写真撮ってない時には、弁天島ドライブとか、うなぎパイ工場見学などをしてきました。(写真取り忘れすみません!)

--------------------------

研究室配属された今、夏休みも非常に短くなってしまうため、これからの旅行記企画には大した内容が望めません。

でも!それでも!こういった近距離旅はやりたい!

もっともっと色んな場所の写真が撮ってみたい!

色んな風景・地形が見たい!見たくて仕方がない!

時間を見つけては、適当に旅に出る…とかやってみたいものです。

春休み旅行記2012・浜松編その2

宿泊は、舘山寺”の近く”でした。

宿泊したところに、近くでやっている”梅まつり”のチケットをもらいました。

Hmmt4

ちょっとブレた。おしい。

Hmmt5

出演:友人(花粉症)

Hmmt6

山の斜面から。

浜名湖の辺りは高い山が少ないので、景色もひらけていますね。

次は、今回のベストショットです。

Hmmt7

出演:知らない人(2人)

Hmmt8

出演:友人(2人)

楽園感を演出。

Hmmt9

こちらは斜面の下の方なので、目の前が森林です。

次の記事では、浜松城に向かいます。

春休み旅行記2012・浜松編その1

前回の豊川から、豊橋を経由して、浜松バイパス道に向かいます。

Hmmt1

やってきました。

Hmmt2

鳥居がありますね。弁天島とかかな?

Hmmt3

これは海側。遠州灘特有の広い砂浜です。

---------------------------

実は、1日目の写真がこれだけで終わっています。

友人に車を運転してもらいながら、私が道案内をしていた都合で、写真を撮る余裕がございませんでした。

なので、次回はいきなり2日目からスタートです。

春休み旅行記2012・豊川編

どうも、久々です。

休日に、実家に帰っている間に、何個か記事を書いておきたいと思います。

--------------------------

今回の旅の目的地は浜松でしたが、せっかくなので豊川稲荷に寄りました。

Tykw1

正直、中に何があるのかとかはよく分からないから、かなり簡略化してお送りします。

にしても、この写真は適当だなぁ。

Tykw2

平日なので、まあまあ空いていました。

静かです。

Tykw3

ちょうどいいところに歩いている人がきたおかげで、左下がさみしくない写真になったかな?

例によって斜めになってるかもしれないけど。

Tykw4

反対側。それにしても快晴でしたね、この日。

--------------------------

その後、豊川の町あるきをしたんですが、いい感じの路地がありましたよ。

Tykw5

道の真ん中が排水溝になっているところとか、入り口のあたりだけ屋根が付いているところがポイントです。

広い道に対して斜めに伸びていて、途中で曲がっているのもすばらしいです。

--------------------------

次回は浜松編です。

春休み旅行記2012・白川郷編

お待たせしました、この間の記事からいきなり白川郷に飛びます。

白川郷へは高山駅前のバスセンターで直行便に乗って50分で行けます。

--------------------------------

Sir1

バスを降りた後、このつり橋を渡っていきます。

雪解け水でかなり川が増水していたので結構怖かったです。

ただ、つり橋とはいっても、実際は床部分がコンクリート舗装されていて歩きやすいです。

Sir2

Sir3

2枚目の写真は、この合掌造りの家から撮りました。

たしか。

Sir4

展望台から。

Sir5

それにしても、山の中にあるんですね、ここ。

Sir6

木のせいでよく見えないのは、たぶん僕の撮り方がわるいからです。

--------------------------------

おまけ

Sir7

!?

巡礼する気はありませんでしたが、たまたま立ち寄ったらそうだったらしいです。

なんてこったい。

春休み旅行記2012・高山編その3

ここで地元ネタを一つ。

東海地方にお住まいの方はご存知かと思いますが、高山のお天気カメラといえば、この橋ですよね。

Tkmachi7

実際のTV画面では、ちょっと上の方向から映されていて、一体どこから映しているものなのだろうか、と思ったことはないでしょうか。

実は、その答え(と思われるもの)が上の画像内にありました。

右側のツタがわしゃわしゃしてる白い建物の屋上に注目。

Tkmachi8_2

以上、東海地方民以外にはなんじゃそれ、と思われるネタでした。

ちがってたらごめんなさい。

追記:もしかしたら本当に違うかもしれません。情報頂けると嬉しいです。

Tkmachi9

夜景です。部屋から撮りました。さっきのお天気カメラのすぐそこだったので驚きました。

Tkmachi10

反対側は結構暗いですね。下にある橋が一番最初の画像に写ってる橋です。

ちなみに部屋内部とか、料理とかの写真をまるごと撮り忘れましたが、個人的には大満足でした。

Tkmachi11

朝です。夜のうちに雪が降って、中々いい感じの景色です。

寒いけど。

Tkmachi12

一晩でまたずいぶんと変わったなぁ。

朝、ちょっと町あるきしました。

Tkmachi13

飛騨国分寺。思いがけず見つけました。

Tkmachi14

Tkmachi15

中にはこんな立派な塔がありました。

次は白川郷編。そのまえに別の小ネタをはさみます。

春休み旅行記2012・高山編その2

小雨の中、町あるき。

Tkmachi1_2

傘持ちながら写真をとると、斜めになったりぶれたりして、あまり良いものにはなりませんね。

後ろ姿の2人は友人です。こういう写真を撮るのが好きです。

Tkmachi2

ほらまた、撮ってる。

Tkmachi3

観光地としての高山とはまたちょっとちがうけど、こういう路地もいいですよね。

私の地元(名古屋)には狭い路地がすくないので、物珍しさで撮ってしまうのです。

Tkmachi4

おそらく吉島家住宅(重要文化財)。入場料が必要だったのと、時間が無かったので入りませんでした。

Tkmachi5

市政資料館。昔役場だったところ・・・だった気がします。

Tkmachi6

橋の赤が目立つ。

次回は町あるきの続きと、2日目の朝。

春休み旅行記2012・高山編その1

友人2人と高山・白川郷に1泊2日で行ってきました。

今回はその模様をお送りしたいところですが、文章を書く気があまり起きないので画像メインです。

あと、友人(あと自分も)が映った画像があまりに多すぎるので、あまり枚数もありません。

そんなにうまい写真でもないです。

----------------------------

まずはいきなり陣屋スタートです。

陣屋ってなんだ、と思ったのですが、とりあえず見た感じでは江戸時代までの役所的ポジションだと理解しています。これでいいですかね。

Tkzinya1
小雨。傘立てが横置きタイプ。

雨のせいで撮影も大変で、ピンボケ写真が量産されました。

Tkzinya2
雨で硬くなった雪。

Tkzinya3
窓から

Tkzinya4
雪吊り

Tkzinya5


Tkzinya6
多すぎるトイレ(雪隠)

雪隠は当然だけど使用不可です。

次は町を散策です。2日後をお楽しみに。

ただただ賢島まで行ってきました~その2~

前回の続き。

Kasi8

南側はひたすらこういった風景が続きます。心地いい…

Kasi9

いかにも古そうな煙草自販機。時計が止まっているあたり、今は使われていないと思われる。

Kasi10

近鉄の橋脚、そして坂。この橋脚は割と好き。

Kasi11

この道、一応国道らしい。

Kasi12

ところ変わって、賢島と本州にかかる橋の上から。
左が賢島、右は本州。その間を船が通っていった。

Kasi13

歩いていたら、隣の駅の方が近くなったので、そちらから乗ることにした。
志摩神明駅。無人駅で、30分に1本電車が止まる。
何軒か建物があるほかには、周囲には何もなかった。

静かだ。
こういうのもいいと思った。

より以前の記事一覧

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ