フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

耳コピ活動集・第三十二弾

Famitracker(ファミコン音源で音楽が作れるソフト)を使って、6時間くらいで仕上げた作品です。

年末・お正月休みが[×取れた○無理やりとった]ので、丸一日使って作った、という感じですね。

-----------------------------------

星のカービィ64より”ブルブルスター”

冬におすすめな1曲です。2ループあります。

最近とっても寒いですからね。理由にならないけど。

あと、私が一人暮らしをしている町はほとんど雪が降らないんですが、一昨日珍しくちらつく雪を見ることが出来ました。

原曲はこちらにあります。

------------------------

制作に使ったソフトいちらん(リンクはないので検索でお願いします)
・音楽制作ソフト…Famitracker
・音源…ファミコン音源
・録画・エンコード…BB Flashback Express2

------------------------

5円玉プロジェクト・2012年12月号

毎月初旬恒例、5円玉集計です。

-----------------------
【ルール】
5円玉を集めて、鋳造年を調べます。
集めるときは、
・買い物時のお釣りで発生する5円玉を集計する
・他人からの提供は受け入れない
というルールのもと実施します。
-----------------------

今月までに集まった枚数を発表します。

合計枚数――88(+12枚)

何故かいつもより多く集まりました。次かその次の回には目標の100枚に到達しそうですね。

~昭和25年…0枚
昭和26年…1枚
昭和27年~昭和42年…0枚
昭和43年…1枚
昭和44年…3枚
昭和45年…0枚
昭和46年…2枚
昭和47年…3枚(+2)
昭和48年…3枚(+2)
昭和49年…5枚
昭和50年…2枚(+1)
昭和51年…1枚(+1)
昭和52年…1枚
昭和53年…2枚
昭和54年…1枚
昭和55年…3枚
昭和56年…0枚
昭和57年…1枚
昭和58年…4枚
昭和59年…1枚
昭和60・61年…0枚
昭和62年…6枚
昭和63年…7枚(+4)
昭和64年…0枚
平成元年…9枚
平成  2年…4枚
平成  3年…6枚
平成  4年…7枚(+1)
平成  5年…1枚
平成  6年…0枚
平成  7年…2枚
平成  8年…2枚(+1)
平成  9年…3枚
平成10年…0枚
平成11年…1枚
平成12年…0枚
平成13年…2枚
平成14年…3枚
平成15年…1枚
平成16年~…0枚

今回は昭和63年が大躍進。どうしてこうもまとまって集まるんでしょうかね。

ちなみに、今回から0枚の場合も表記してみました。

次はグラフです。

造幣局が出しているデータ(右側)と共にご覧ください。

5en201212

こうしてみると、いかに最近5円玉の発行が少ないかが分かると思います。現在出回っている5円玉の多くは、昭和の終わり~平成初期や、昭和40年代後半のものが多いのかもしれません。

最近では電子マネーの普及により、元々需要が少なめだった5円玉は影響を大きく受けているのかもしれませんね。

 

-----------------------

次回には何枚集まっているでしょうか。

来年1月の更新をお楽しみに。

なんか適当!今月の天文現象【2012年12月号】

突然ですが、このコーナーも最終回です(たぶん)。

たぶんなのは、なんか適当だから!

------------------------------

アテンション!

この記事、なんか適当な上、正確さも割と低い!
自分ではなるべく間違わないようにしていますが、念のため他の情報と照らし合わせながらご覧ください。
あと、間違えた情報があれば教えてください。お願いします。

------------------------------

12月のカレンダー
(これが一番適当!)

3日 木星が衝
5日 水星が西方最大離角
7日 下弦の月
    大雪(二十四節季)
13日 新月●
14日 ふたご座流星群が極大(朝・良条件)
20日 上弦の月
21日 冬至(二十四節季)
22日 こぐま座流星群が極大
23日 天皇誕生日
28日 満月○

今年のふたご座流星群は、ほぼ新月のため、かなり見やすいと思われます。
ふたご座流星群は夏のペルセウス座流星群と並んで規模の大きい流星群です。
それだけあって、13日~14日以外にもその周辺であれば見られそうなので、仮に極大日に天気が悪くても諦めないでくださいね。

星空は、東の空から冬の明るい星が昇ってきます。冬の大三角・大六角とか…
特にこれからの時期は空が澄んでいるときが多いです。大いに星空を楽しみましょう。
ただ寒いです。防寒はしっかりとお願いします。

------------------------------

惑星

※"①~②"という表記の時は①=月の前半、②=月の後半、という意味です。"A~B~C"のBは中旬を意味します。

水星明け方東の空。5日に西方最大離角を迎えます。高度は20度弱と、やはり低いですので、なるべく暗い、高い建物や山などの無い場所での観測が良いでしょう。約-0.5等星

金星明け方東の空。8月に西方最大離角を迎えた後は、年末まで明けの明星が続きます。4時半~5時半以降には観測出来ます。徐々に観測可能な時間が減っていきます。約-4等星 

火星いて座~やぎ座付近。観望期からは遠ざかっていると言えるでしょう。日没から19時まで約1等星

木星おうし座付近。見られる時間が長いです。初旬にはほぼ一晩中見えます。日没から日の出~4時半まで約-2.8等星 

土星てんびん座付近。今後観測可能な時間が増えていきます。4時半~2時半以降に観測可能です。約0.7等星

------------------------------

参考:天文年鑑2012年版(誠文堂新光社)
    つるちゃんのプラネタリウム(右サイドバーのリンクから飛べます)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ