フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« 10円玉集めて集計2010年10月号 | トップページ | 新・これぞZATUDAN!16 »

今更ながら、リニューアルした名古屋市科学館に行ってきた

”天文情報”カテゴリなんてほぼ1年振り…だった気がする。

名古屋市科学館は今年(2011年)3月に新館をオープンさせた。

えらい混んでいるらしい。大盛況らしい。半年しか経ってないのに、入場者100万人達成したらしい。

行ってみた。

いまさらながら。いまさらすぎる。

10月9日。3連休の日曜日。

午前8時10分。

写真①
Nsm1

開館は9時半。まだ1時間以上あるのに。

後ろもある。

写真②
Nsm2

後ろでプラカードをもっている位置が最後尾だった。

そのときは。

9時10分。

写真③
Nsm3

白川公園によく来る方ならお分かり頂けるはずだが、これは入り口の裏側である。

(あれ?と思った方へ。リニューアル後、入り口の位置がこれまでと反対側になりました)

Cocolog_oekaki_2011_10_10_23_00

分かりにくい絵だけれど、紫色が列です。

名古屋市科学館といえば、以前からプラネタリウムが有名である。

大規模なドームで、学芸員の方による生解説。
生解説は、1カ月ごとにテーマが変わる。学芸員の方は、毎回のように変わり、その人によって解説の仕方もかなり異なるため、何度見ても楽しめるようになっている。

全国的にもこういうプラネタリウムは珍しい。

リニューアルにより、ドームの直径が35メートルになったとのこと。いや、前が何メートルだったかは忘れたけど、かなりでかくなった。

Nsm4

頑張りすぎ。

カメラに収まりきらない。

いや、収める努力をしなかっただけだ。球体の上半分がプラネタリウムである。

プラネタリウムの感想は簡潔に。見てもらった方が早いので。

生解説はそのままに、最新の投影機による迫力のある映像。シートはリクライニングの他、左右に少し回せるようになっていて、星空を360度(近く)楽しめるようになっている。ゆったり快適である。

詳細は公式HPなどを見るといいです(あ、投げた、とか言わないでー)。

« 10円玉集めて集計2010年10月号 | トップページ | 新・これぞZATUDAN!16 »

天文情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/52960472

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら、リニューアルした名古屋市科学館に行ってきた:

« 10円玉集めて集計2010年10月号 | トップページ | 新・これぞZATUDAN!16 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ