フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« Minecraftクラシック版で色々作ってみました | トップページ | 先月・今月の記事を振り返る(2011/08~09) »

岐阜の石天国、博石館に行ってきた ~その4~

←前へ

------------------------------

今度こそ宝石探しします。

-----------------------------

撮影ポイント。この謎キャラクターの前で撮影するのだろうか。

Isi20

-----------------------------

ピラミッドを出ると、右側に宝石探しコーナーを発見。

30分800円。入場料と同じ値段。

Isi21

Isi22

もうすでに何人かやっている。それにしても平日はカップル率が高い。男2人で、しかもバスで来た私たちは少し肩身が狭かった。

水を張った砂の中から宝石を探す、これを30分続けるのだ。

今日は平日なので空いているけれど、休日になると家族連れでいっぱいになる。

子供はともかく、大人は800円の元をとるために必死で宝石を探す。

Isi23

途中の写真はありません。熱中しすぎた。ほぼ無言の30分間。

成果だけお見せします。

Isi24

これは多いのか少ないのか。大きい塊も手に入れることが出来ました。よかった。

-----------------------------

最後に売店へ行きました。

Isi25

このように、様々な宝石が売ってます。これはアメジスト。

【クイズ】
では、この石は何でしょう。

Isi26

【正解発表】
Isi27

正解は、オレンジの石でした。

宝石に混じって、普通の石(じゃないかもしれないけど)が同額で売っている。

-----------------------------

おまけ

博石館の入り口近くには、こういう看板が立っている。

Isi28

道の駅ではない。石の駅である。

Isi29

マッヘ。”なんと”と言われてもよく分からない単位が登場。

ラドン温泉などの泉質の温泉でしか使われない単位だそうです。そりゃ知らないわけだ。

-----------------------------

編集後記

適度な突っ込みどころも満載のスポット。でも名前負けしない石の存在感。

つまり何が言いたいのかというと、石天国だった。

ところでこの施設、前述(その1にて)した通り、結婚式場(チャペル)が併設されている。つまりはあれだ、ここにきているカップルは、それ相応の仲である可能性が高いということだ。

そうやって考えたら更に肩身が狭く感じてきたが、それをぐっとこらえて、石のことだけ考えることにした。

石天国(カップルさえ気にならなければ)である。

Isi30

これは恵那峡。特に意味は無い。

« Minecraftクラシック版で色々作ってみました | トップページ | 先月・今月の記事を振り返る(2011/08~09) »

いろいろ旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/52847191

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜の石天国、博石館に行ってきた ~その4~:

« Minecraftクラシック版で色々作ってみました | トップページ | 先月・今月の記事を振り返る(2011/08~09) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ