フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« 広島の飛び地、7つ(毎日更新企画8最終弾) | トップページ | 10円玉集めて集計――2010年5月 »

10円玉1000枚あれば。

1万円だ。と、片づけてしまえばそれで終わりである。

だけれど僕らはその価値観を変えてみたい(という気分でこの企画に臨みます)。

-------------------------

こうなった経緯を説明します

とりあえず簡単に言うと、僕ら(私とQwertityという友人)は1年以上10円玉を採集(とでも言えばいいのだろうか)し続けている。普段はその10円玉の年号別に分けて表を作ったりして楽しんでいる。

目標は各自1000枚ということにしていたのだが、このあいだ彼から「1000枚集まった」との連絡があった。

Q1000kikaku1
10円玉ゲシュタルト崩壊。

そして、せっかく1000枚も集まったんだから何か出来ないかということだった。

単なる1万円ということではなく、”10円玉1000枚”として。

-------------------------

だから、模様をつくることにしました

だから――っていわれても。という方に説明します。

当然10円玉には錆びているものと錆びてない明るい色のものが存在します。なら、その2種類の色合いを使って模様は作れないか、と思った訳です。

Q1000kikaku2
ちなみにこれが明るい色。ちなみに最初の写真の10円玉は全部暗い色だ。

この写真までもっていくまでが一番面倒な作業だった。単に明るいといっても赤銅色に輝くものがあれば黒光りしたものまである。これらを全部使っていると途方にくれるので、赤銅色のものだけ使用することに。

-------------------------

①陰陽模様

友人からの提案。つくりやすそうだから、とのことだった。

Cocolog_oekaki_2010_05_04_16_28
↑こういうやつです

Q1000kikaku3
比較して、どうですか?似てますかね?

多少わらわらしてる感じだけれども、かなり形になっている(と自分達では思っている)。

Q1000kikaku5
近づけば、ちゃんと10円玉ですよ。

Zyuuenn1
小さい丸の部分もちゃんと再現。

-------------------------

②国旗

Q1000kikaku4
日本のつもりだったけど、バングラディシュとかパラオって言っても良いと思う。色無いし。

さっきから写真が暗いのは明りをつけると10円玉の反射でうまく映らないからです。

-------------------------

ハーフタイム

Sakuras1

地味な写真が続いたので、今年の満開桜で華やかさを演出。

次から後半戦です。

-------------------------

③10円玉

せっかくだから10円玉で10円玉を作っちゃえ、と思い作ってみた。

Q1000kikaku6
輪郭までちゃんと10円玉で表現。10円玉の贅沢な使い方。

Zyuuenn3
別アングルから。

こども銀行っぽくなってしまったが、僕らまだ未成年だしいいか。関係ないか。

とはいえ、すべてホンモノの10円玉で構成されております。

-------------------------

④1000枚記念プレート

Qwertity、10円玉集め1000枚達成おめでとう。ということで作ってみた。といっても③の”10”にゼロ2つ足しただけです。

Q1000kikaku7

畳の縁を使えば1000円札みたいになる。といってもこども銀行みたいだけど。

Zyuuenn2
あ、靴下写っちゃった。友人の足も写ってるや。別アングルから。

文字自体にはかなりこだわった。ちゃんとPCに「1000」って表示させて、それを見ながら作った。

でもよく考えたら、これに使った10円玉は約1万円分なので、1000円じゃ10分の1だ。ましてや③の10円玉だと1000分の1。

-------------------------

編集後記

③とか④では、結局価値を下げたようにも見える。だけれど、完成したときの心地よさがそこにはあった。皆さんも10円玉じゃなくて良いので硬貨集めてみませんか。そして”硬貨ゲシュタルト崩壊”を目の当たりにするのもいいじゃないですか。使う気失せますけど。

今度はもっとリアルなもの作ってみたい。あとは身近なものを10円玉デコレーションとか。10円玉に糊使えないけど。

ちなみにQwertityが集めた10円玉の詳細はこれだ。

Q1000kikaku8
表の見方:横は左から昭和20年代、30年代…(略)…平成10年代、20年代で、縦は下1桁。
例:昭和47年の場合…横の”40”の列、縦の”7”の行の交わるところを見る。よって15枚。

一番右下の枠が合計枚数、1007枚。

1000枚集めるまで続けるということで始めた企画だったから、これにてQwertityの10円玉採集が終わる。

ちなみに僕はというと、いまだに500枚ちょっとという少なさだ。僕が1000枚集めたら、また何かやろうと思っている。でも、それにはあとどの位かかるんだろうか。

« 広島の飛び地、7つ(毎日更新企画8最終弾) | トップページ | 10円玉集めて集計――2010年5月 »

10円玉プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

ただただ見ていても飽きないです。

初めは1000枚も・・・と思いましたが、

その使い道が面白かったです。

最後の1000円札は1畳分の1000円札ですね。

でも10000円分ですけど・・・と笑顔で拝見しました。

た、確かに陰陽っぽく見える!
でも何も言われずに見ると相当注意力のある人じゃないと気付かないだろうなー(;;;´Д`)

>風光さん
コメントありがとうございます。
飽きないという言葉が嬉しいです。何時間もかけて作ったかいがありました。

>チャム
陰陽模様は実は一番デザイン面で苦労した作品。制作時間的には1000が一番時間掛かってるけれど。

---------------------
実は陰陽模様の写真の上にある「こういうやつです」の絵は自作です。

めっちゃ笑った!

すごい☆

国旗もすごいよ!

一番上のマーク、名前がわかんないんだけど、うちの子供の財布についてるマークだよ

この企画、今までで一番サイコー☆

これさ、写真ヒルズに投稿したら?


ところで、名前の☆ってとったの?

結構気合入れて作りました。
あのマークですが、僕の傘にもついてます。

☆は、結構前から取ってましたよ。当初天文ブログとして作ったにもかかわらず、あまりにも天文記事が少ないということで。
…何で取ったんでしょうかね、僕^^;

あのマークも手作りだったんだね(笑)

Retiくんは手先が器用なんだね?

今日の新聞に白川公園の美術館のとこの喫茶店のことが書いてあったよ

赤字でなかなかやり手がなくて、やっと新しい人が見つかったみたい

Retiくん、いつか天文カフェとかやったらどう?

☆について熱く語るマスターってよくない?

手先…そんなに器用じゃないんです^^;
この作品も友人のおかげでずいぶん助かったものですから。

天文カフェ、今でもあったら行ってみたいです。
確かにそういうの、かっこいいかも。

ちなみに天文での最近の悩みは「長期の観測に耐えられる体力がないこと」です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/48265699

この記事へのトラックバック一覧です: 10円玉1000枚あれば。:

« 広島の飛び地、7つ(毎日更新企画8最終弾) | トップページ | 10円玉集めて集計――2010年5月 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ