フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« 使い終わった携帯電話に顔がある | トップページ | 夕刊紙はタモリ紙である »

静岡のあのでかいでっぱりを調査

今月の地理ネタは静岡でいきます。

確認として、静岡と言えばこれですよね。

Photo

まずこの形みて85%位の人はまあ確実に気になるであろう場所はここだろうと。

Photo_2

でっぱり。ちなみにここ、県庁所在地である静岡市の一部なんですよ。

あ、ちなみに富士山の場所分かりますか?

ここですよ。

Photo_3

さて、例のでっぱりを調査していきます。

最初は根元から。

根元といってもかなり南側ですが、大井川鉄道(鉄の字は旧字ですよね)の終点駅、井川。とりあえずここは有名だと思ったので。

次はもうちょっと北に。

ここらへんまで来て薄々気付かれた方も居るとは思いますが、このでっぱりの正体は大井川の流域なのです。

ここまで来るともう山しかありません。ダム湖さえ無い。そういえばこの辺はリニア(A案)が通過するんですよね。たぶんですが。たぶん。

ついに先が見えた。やっぱり山だらけだ。3000mとか当たり前のようにある。

で、これが先端。もうなんだか拡大し過ぎたから、もう何だかさっぱり分からないと思うので、そういう方は縮小とかして下さい。

結論
・静岡市葵区である
・大井川流域である
・山と川(沢)しかない
・多分殆ど人は住んでない
・平気で3000m級の山がある
・山地は拡大し過ぎると意味不明になる
・先端の場所の詳しい地名を言うと”小河内”という所らしい
・というかこのでっぱりに存在する地名は”小河内”と”田代”しかない

地図ばかりでかなり重いかもしれないこの記事を読んでくださってありがとうございます。

« 使い終わった携帯電話に顔がある | トップページ | 夕刊紙はタモリ紙である »

地理ネタ企画」カテゴリの記事

コメント

へえ~へえ~!!
こんな山ばっかりなのに静岡市なんですかあ~!!

意味ありげな境界なのに山しかないのかw

>にゃほとさん
そうなんですよー。他の政令指定都市でも山のある場所って結構あるんですが、静岡は特にそれがでかいんですよね。

>QWE
単に川の流域だからっていう理由だけだものね。この辺不便だろうな…でも天体観測にはもってこいかも。行くのが大変か。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/47690704

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡のあのでかいでっぱりを調査:

« 使い終わった携帯電話に顔がある | トップページ | 夕刊紙はタモリ紙である »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ