フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« 地理ネタ。山梨県の山の中にある謎の飛び地 | トップページ | 今月の記事を振り返る(2010/01) »

地理ネタ。富士急ハイランド周辺は境目がぐちゃぐちゃ

Retiの真骨頂、”地理ネタ。”

月曜に風邪引いたからまとめて記事アップ。今回も山梨県です。富士急ハイランド周辺は地理的にぐちゃぐちゃでした。出オチです。

-------------------------------

少なくともでかい飛び地が1つ、小さいのが3つ位だろうか。飛び地になっているのが富士吉田市で、取り囲んでいるのが富士河口湖町。何でもかんでも富士って付きゃいいもんじゃないけど麓なんだし仕方ないか。

実はこの記事、富士急ハイランド”周辺”というのがミソである。現に富士急ハイランドの中はしっかりとした境目をしているからだ。だったら”周辺”とでも書くしかない。

おまけ

富士山の登山道にも飛び地がある。富士吉田市の登山道だが何故か3合目の手前だけ富士河口湖町である。

« 地理ネタ。山梨県の山の中にある謎の飛び地 | トップページ | 今月の記事を振り返る(2010/01) »

地理ネタ企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/47388728

この記事へのトラックバック一覧です: 地理ネタ。富士急ハイランド周辺は境目がぐちゃぐちゃ:

« 地理ネタ。山梨県の山の中にある謎の飛び地 | トップページ | 今月の記事を振り返る(2010/01) »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ