フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« 先月の記事を振り返る(2009/12) | トップページ | 午後の紅茶ティースパークリング »

9か月行った10円玉集めを考察する

←10円玉年末集計

--------------------------------------

この企画は私Reti☆とサイト「そばえや」管理人のQWEが

ただひたすら10円玉を集めまくって、製造年を調べる企画です。

但し10円玉の集め方は買い物をした時の”おつり”のみというルール。

--------------------------------------

昨年の3月上旬…あれは高校の卒業式だったか。僕らの戦いが始まってしまったのだ。

正直最初に集めていたのはQWEだが、のめりこんでしまったのは僕だってのは分かってる。しかもそれがまるで”切手集め”のような地味で、しかもそれはもはや”切手集め”よりも遥かに地味で仕様が無いものであった。

でも集め出すと10円玉を使うのが本当に勿体無いんだな、これがもう。で、結局合計1100枚を超える茶色に輝く(輝かないものが多いが)コインが集まることになったのだ。

それをさらに加速させてしまったものがあった。(追記:五月に再び集計した際に、)デイリーポータルZのコーナーである”デイリー道場”だ。まず入選などしないだろう、と思いながらも”もう一歩”位で載れば大したもんだな、と応募して、まさかの入選。実はこのブログのカウント数の約半分がこの”事件”で来訪されたものである。

しかもこの記事を知った父も10円玉集めを以前していたと言うのだから、驚きだ。自分の10円玉も集計してくれ、と大きな箱を渡された。”大きな”と言ってもその割に重たくて、ジャラジャラ音を立てまくっていた。僕らはこれをきっかけに”1000枚”という目標を立てる訳だが、この内容は記事を読んで頂いた方が良いだろうと思うから、ここにリンクを載せておくこととする。「大量の10円玉との格闘」

~考察はここから~

これらの偶然(なのか?)が重なったためこんな事態になってしまった。ここまで語れるほどの規模になってしまった。だからここらで一旦落ち着いて集まった10円玉データを考察してみよう。

----------------------------

まず僕らの集計結果から。

Hyou120091111

合計枚数は1147枚。このデータを使った考察は以前の記事でも書いているから、ここでは省略する。この記事→10円玉年末集計

正直これまで集めてきたデータだが、実際10円玉がどのくらい発行されているものか気になった。そこで造幣局のデータを使用することにした。

Photo

単位は百万。平成21年は未だデータが公表されていない。

ここで新たに分かったことだが、昭和31年は10円玉が全く発行されていない。これは去年の集計記事でも書いた。

そして、昭和32,33両年については極端に少ない。またギザ十であることから希少価値も高く、コレクターの方々が大部分を持っているのではないかと思われる。昭和61年も恐らく同様。(61年物は父が1枚だが所有していた)

また、僕らの集計結果と共通するのは”昭和40年代後半から50年代後半にかけてがピーク”という点である。発行枚数が明らかに多いので、古くなって破棄される分を考えても未だに大部分を占める。

ところが、僕らの集計結果を見ると、平成0年代後半、10年代後半にもそれぞれピークが存在していることが分かる。平成に発行されたものはほとんど破棄されていないと考えると、意外と昭和に発行されたものは多く破棄されているのかもしれない。

このことが分かりやすいように造幣局と僕らのデータを比較した。数字を表示していないのは、単に比率を見やすくするためである。

Hiritu2009_2

平成発行分はある程度等しい比率で推移している。ところが年を遡るごとに造幣局(赤い棒グラフ)が多くなっていき、僕らのデータ(青い棒グラフ)との差が開いていく。この差は破棄された分と思われる。希少価値の高い年だとある程度はコレクターが所持しているかもしれない。

もう一つ分かったことは、1000枚集めれば割と正確なデータが取れることである。ほとんど破棄されることが無いであろう平成発行分において、比率の誤差が少なかったからだ。そして昭和の分においても発行枚数が多い年は多く、逆も成り立っている。

-------------------------

ところで、何故10円玉を集めてしまったのだろう。個人サイトなどもいろいろ見たが、10円玉でプレミアはほとんど無いようなのだ。でも良く考えたら”一番集めやすかった”というのが理由なのだ。だから”次は○○円玉を集めよう”なんて全く思わない。

でも、それでも、10円玉だけは集め続けようと。ずーと集め続けることで、ずっと正確なデータが取れる。そりゃ、沢山あつめて”億万長者”って訳には絶対ならないけど。あと、1つだと何の変哲もないコインが、沢山集まるとそれだけで結構綺麗だし、芸術になる(かもしれない)。だから僕は集め続ける。集め過ぎて困るもんでもない。

 

« 先月の記事を振り返る(2009/12) | トップページ | 午後の紅茶ティースパークリング »

10円玉プロジェクト」カテゴリの記事

コメント

ちりが積もって山になるように、十円玉が積もってデイリー入選を果たしたということか!
入選おめでとう!!
1000個も10円があると一度両替所に行って店員さんを驚かせてみたいと思ったりするのは僕だけだろうか

あ、入選は昨年の5月だったんだ。追記しときました。

一応10円玉は少なくとも大学を卒業するまでは貯め続けるよ。
でもこんなに貯めると何だか使いたく無くなってくるんだよね^^;QWEはどう思っているか分からないけどね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/47213144

この記事へのトラックバック一覧です: 9か月行った10円玉集めを考察する:

» *〔しーたろう〕の「プラ板で作るブルーリボンバッジレシピ」* [ガラス瓶に手紙を入れて]
早くも明日が仕事始めという方も多いと思います。当ブログも明日からは“通常営業”の予定ですが、本日までは〔しーたろう〕が「休日モード」全開で進行させて頂きます☆ [続きを読む]

« 先月の記事を振り返る(2009/12) | トップページ | 午後の紅茶ティースパークリング »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ