フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« LOVE MODE GINGERと味わい苺 | トップページ | 岐阜のでかい芸術作品を彷徨う・2 »

岐阜のでかい芸術作品を彷徨う・1

岐阜県の養老公園。確か10年以上前に行ったことがある。

覚えているのは歩きにくくて、何か良く分からないオブジェクトが沢山あったということと、とっても疲れたこと。

当時はまだ小学生だったから、それが何なのか全く分かっていなかった。

そして今、大学生になった僕はあれは何者だったのかきちっと知りたくなったので、行ってみた。

----------------------------------

そもそもどんな場所だったのだろうか

調べたところ、それは「養老天命反転地」という、いかにも怪しげな名前をした場所。

サイトがあった。「養老天命反転地

現代美術家荒川修作と、パートナーで詩人のマドリン・ギンズのプロジェクトを実現したテーマパーク”だそうだ。

…そうだったのか。あれは「でかい芸術作品」だったのだ。だからあんなものやこんなものが…いや、これはあとで紹介しますね。

このテーマパークはメインパビリオン「極限で似るものの家」とすり鉢状の「楕円形のフィールド」に分かれていて、これが約18,000m2というスケールで広がってるっていうんだからもう行くしかない。

----------------------------------

とにかく行こう

前置きが長くてすみません。まずは最寄り駅である養老駅から。

Yourou1

養老鉄道というローカル線にある駅である。

といっても元は近鉄だった。

電車に乗ったら「養老鉄道を守ろう」と書いてあった。存続が危ういのだろうか。

Yourou2

駅舎の天井。瓢箪でいっぱい。

Yourou3

サイクルトレインでは自転車を電車に持ちこめる。全国でやればいいのに

----------------------------------

養老公園に行く

Yourou4_2

駅から公園に向かう坂

Yourou5

お!見えてきた

実は上の画像から下の画像に至るまで30分もかかってしまった。

まっすぐ行けばたどり着いたのに。

----------------------------------

このページの翌日にアップします。

次ページ→

----------------------------------

« LOVE MODE GINGERと味わい苺 | トップページ | 岐阜のでかい芸術作品を彷徨う・2 »

いろいろ旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/46942094

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜のでかい芸術作品を彷徨う・1:

« LOVE MODE GINGERと味わい苺 | トップページ | 岐阜のでかい芸術作品を彷徨う・2 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ