フォト

RetiのN35°へようこそ

  • こちらはRetiのN35°です。
    まずはこちらをお読みください。

    このサイトでは様々なコンテンツを用意しています。
    詳しくはコンテンツにて。

    管理人は”Reti_N”と言います。
    プロフィールはこちらから。

    記事いちらんでこれまでの記事をまとめてチェック!

    次のキリ番「60000」。
    踏んだからといって何かある訳じゃないです。

最近のトラックバック

« そこにシールの粘着面を消しゴムで擦った後の消しかすがあったから | トップページ | ちょっとした地理の調査 »

天文な話です。

今日は天文話。

12月13日夕方~14日朝にかけて

「ふたご座流星群」が極大だったそうです

※極大…簡単にいうと一番すごい日

忘れてた…

でも天気悪いし

条件悪いみたいなんで問題なしです^^;

まだチャンスはいっぱいありますし…

---------------------------------------

ふたご座流星群は数ある流星群の中でも

沢山の流星が出現するメジャーな流星群です。

ふたご座流星群明るさは普通ながら

割とコンスタントに沢山の流星が出現してくれる

ナイスな流星群です。

また8月にはペルセウス座流星群という

これまた流星出現数の多い流星群があります。

スピードが速いそうなんで願い事には不向きですね(笑)

ちなみに2000年に大出現したことで割と有名な

しし座流星群は、33年に1度大出現します

明るい流星が多く、これもスピードが速い)。

しし座流星群は毎年11月半ばに極大を迎えるそうです。

上の三つが最も有名です

流星群ってこんなに種類があるんだ…↓

http://homepage2.nifty.com/turupura/yougo/KansokuObj/ryuuseiichiran.htm

流星群の名前に何故星座が使われているのかというと、

その星座のある場所から飛んでいるように見えるからです。

今回は「ふたご座」流星群なので

ふたご座の方向から飛んでくることを

考慮しながら観測すると分かりやすいと思います。

但し、あんまりその方向に執着しすぎるのも禁物です。

広い視野で見るほうが沢山見れます

ところで、

今回の流星群の条件が何故悪かったのかというと、

です。

月が明るいと暗い星は見えなくなりますし、

もちろん流星も見えないものが増えます。

今回の流星群でも、満月を過ぎたばかりの明るい月があり、

それだけで見ることの出来る数はかなり減るようです。

ちなみに

流星群は極大の日周辺ならそれなりに見ることは出来る

ので、極大日にこだわりすぎなくてもいいようです。

また、年末から年始にかけても様々な流星群があります。

極大日近辺で暇な日を探して

観測するのもいいかもしれません。

参考資料:

 サイト:つるちゃんのプラネタリウム

     http://homepage2.nifty.com/turupura/

 本:天文年鑑(2008年版)

-------------------------------------

今日は、僕が以前所属していた天文部で書いていた天文新聞(校内で配ってました)の記事風に書いてみました。これを書いている途中で部活時代を思い出しました。

« そこにシールの粘着面を消しゴムで擦った後の消しかすがあったから | トップページ | ちょっとした地理の調査 »

天文情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190928/43413162

この記事へのトラックバック一覧です: 天文な話です。:

« そこにシールの粘着面を消しゴムで擦った後の消しかすがあったから | トップページ | ちょっとした地理の調査 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジオターゲティング

カウンター

人気ブログランキング

  • 人気ブログランキングに
    参加中…
    こちらをクリック!
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ